chanです 

18日の7時58分に発生した地震ですが
京都の南側に位置する我が家も 相当揺れた状態でした。

震源からの距離的には 携帯電話の緊急地震速報が 地震の揺れが来ている最中に
なるくらいの距離ですね、、全然通知、間に合ってませんでした。

神戸の震災の時も相当に揺れたのですが 今回も相当揺れた感じです。
京都市内の学校は休校となったので 交通機関も不通状態になってしまいましたので
迎えに行ったり、ガスもメータが地震検出で止まったものを復旧させたりとか
ちとバタバタの中で 震度3レベルの余震があったりとか 
神戸の震災の時のことを 思い出しつつ当時、携帯電話を早々と持ってたので
市外通話規制かかっても 当時は使えたのな、、とか

当時、携帯電話に緊急地震速報とかが なかったりした時代(もち、アナログ携帯です)なので
地震が発生して停電してしまうと状況が全く分からなかった時代からすると
進んだと思う反面、台湾の朋友などに先に無事の情報を報告しておかないと
心配をかけてしまう、、という 状態に。

今回、携帯電話の緊急地震速報で 気が付いた 機能がありました。


機種は Galaxy NOTE8 ですが 緊急地震速報が 届いた後に 画面を確認すると
eq01


緊急時長持ちモードへの 切り替え画面が 起動してました。
eq02


eq03


今回、初めてこの機種での緊急地震速報の受信だったので 気が付いてなかったのですが
地震後の通信確保などの為に バッテリーの消費量を減らして待機時間をのばす
機能切り替えの画面が 自動的に起動するのには ちょっと驚きでした。

ここ最近は iPhoneを メイン端末として使用してきてるのですが
ちょっと androidスマホを 見直したかなって感じです。

一応、忘備録てきに 書いておくと 手動でこのモードに切り替えたいときは
電源ボタン長押しで出てくる 画面でメニューがあるので こちらで切り替えが可能になるとの事

Screenshot_20180618-182404_Galaxy home


あと 気を付けるのは、、
一部のアプリで再ログイン・再設定を求められる場合があります、、
との事らしいです。 まぁ 緊急時に使うのであれば こんなこと言ってられないですけどね
この機能はすべてのandroidスマホにあるわけではないらしいので 購入の際に気になるときは
聞いたほうがいいかもね、、

iPhoneでの この機能に近いものは 低電力モードで
端末設定の「バッテリー」から有効にできるので 覚えておくとよいかも。

20180618_092925000_iOS


自然災害は 避けられないものではありますが 備えることはできるので
持てる手段は用意しておくほうがいいと思います。

今回の地震は 子供の登校時間に発生したこともあり 
被害に遭われた報道も出ております。
私自身、同じような子供もおりますので 地震発生後、学校まで
無事、登校したか確認しに出ておりました。

家族の行動範囲が広がってきているので 非常時の連絡方法など
話し合っておくのも必要かなと 考えた出来事でした。