先日、保有している遠傳電信の回線のリチャージをする時に気がついたので
いつ頃から 出来なくなっていたかは不明なのですが、、、

現状、台湾国内発行のクレジットカード以外での オンラインリチャージは できなくなっているそうです。

実際、以前は問題なくできていた 日本国内発行のJCBとか VIsaで 何回やっても完結できず

image


途方に困って 台湾の友人の力を借りることに、、、

とりあえず リチャージカードの購入を してもらおうとしたんだけどね、、、

どうやら店売りのリチャージカードも 販売してないとか、、(笑)

仕方ないので 店舗で 回線に直接リチャージしてもらいました、、(笑)

2017-09-26-22-50-30


いやはや 参った感じ。
店舗で 日本からリチャージする手段は有るかも聞いてもらったんだけどね
現状、手段はない様子。。

まぁ 回線の有効期限の延長は 今のところ データ回線の契約を1日定額とかで 入れてやると
そこから 期限が延長されるから 取り敢えず回線の維持はできるのだが、、、

元々 オンラインリチャージができるのは 遠傅電信だけだったので 3Gの時代から保有して
回線維持して結構重宝してたから 今回の処置はちょっと 痛いです。

取り敢えず 別回線の台灣大哥大の回線は プリペイドながら 日本国内でのローミング使用(音声のみ)できるので
こちらを 優先で使うことになりそうですが、、

iPhoneとiPadを 同時に台湾で独立で使うには 4G契約二つで便利だなぁって 思ったんだけどね、、

台湾朋友には 3年分くらいは 維持できるように金額リチャージして貰ったんだけどね
今度から 台湾訪問時の 必須事項が 増えてしまった感です。

全世界的にプリペイド回線に対する規制とか制約が厳しくなりつつあるのは わかってたけど
国際ローミングしてない回線で 海外から回線維持が困難になるような方向に持って行ってるのは
やっぱりセキュリティがらみなんでしょうね、、
まぁ いたし方ないか。。