3月22日をもって 我が母校で有る「洛陽工業高校」の歴史が 終わりました。

卒業してから 随分と日が経っていますが 通学していた頃の同級生ともweb上でも 再会できたり
連絡を取り合う様になったりと 昔の頃に戻った様な 最近でしたが
その礎となる 母校が無くなってしまうというものは 「寂しいな、、」という
一言に 尽きます。

image


今の自分自身が形成されたのも 良くも悪くもこの頃であり
ほんと 馬鹿なことばっかりやってて 楽しかった頃でしたなぁ、、、

image


勉強は 結構、大変だったけど 今となっては 役に立ったことも結構あったなぁ、、と
当時の先生方々に 感謝です。

image


ただね 記念館のコンピュータ関連の展示物に紛れて 算盤が おいて有るあたりの
お茶目さって ほんと 洛陽気質ていうか なんか 学校の雰囲気、言ってた頃と 変わんねーって 思ったり。

この4月以降は 校舎内への立ち入りは一切できなくなり 解体工事に向け準備が進められるとのこと、、

歴史ある古い建物を 耐震基準の問題とか 色々理由をつけて 解体していくやり方は
ほんと 大っ嫌いなんですが かと言って 買い上げできる様な身分でもなく
ただ 寂しさが残るのと 写真データと 記憶の中の学校生活を 忘れない様に したいなって 思います。

ほんと 楽しかったよ。 学校に遊びに行ってる気分だったし 、、 (笑)

名残惜しいけどね これも 時間が 解決してくれるのかな、、、

image