コメント欄より情報を いただき 早速、検証した結果
4Gの台湾大哥大(台湾モバイル)プリペイドでも 日本でのローミングが 可能になりました、、
ただしながら 3Gでの音声とSMSのみ、、
データ通信は できないようであります、、、

公式ページでは 「預付卡國際漫遊」で 確認ができます。

ローミングキャリアは 「Softbank」ですね
キャリアサーチかけるとdocomoも拾ってますが ローミング登録ができません。

今回の設定を 簡単に解説してみますね、、
但しながら この方法が完全に正解かが わからないんですね、、
申請してから 約一日間ほどローミングできなくって いろいろ悩んだ結果
次の日に できてたという感じなので、、

まずは 「預付卡國際漫遊」のページから 「前往申請/移動」からログインして
設定画面にて 申請をします。

01


02


03


申請が通れば 以下の画面が出るはず、、、

04


この設定画面から 実際に ローミング状態で 使用できるようになるには
実際には一日程度かかってました、、
本当は どのくらいかかるのかが わかりません、、

スマホ用のアプリ系からは 以下のところからの申請の様です

20160731_030334000_iOS


20160731_030302000_iOS


設定後 しばらくは キャリアサーチしても 電波をつかめど登録してくれません。

Screenshot_2016-07-31-19-13-18


正直、いつの間にかできるようになってました、、(笑)

54


ドコモ回線も使えるっぽく表示されてますが 回線登録は softbankしか できませんでした、、

Lumia635あたりだったら プロファイルなども自動的に設定してくれるようです、、
20160801_191004614_iOS


実際に ドコモの回線に 台湾大哥大の番号からローミングかかった状態で かけて確認してみましたが
普通に番号表示出ていました。。。

20160802_023202000_iOS


まぁ 去年の夏に 台湾に行って以来 一年越しでの 日本ローミングとなりましたが
昔の3Gの 音声主体の時代と違って 今では LINEとかで 無料で国際間通信ができる時代なので
実際に使うのかと聞かれると 「たぶん使わない」と 答えますな (笑)

確認はできてないですが 中華電信のプリペイドが 6か月の延長ができなくなったとかの
話も聞こえてたりするので 国際情勢も絡んでいろいろややこし 感じです。

ちと残念だったのが 国際ローミングを少し使ってみて 回線の有効期限が伸びるかどうかを
確認してみましたが、、、
期限には 変化がなかったので やっぱりデータ利用へのチャージもしくは 音声利用への
チャージ操作が 必要な様子です。

001


002



因みにローミング設定を 解除することも できるようですが
解除しないとまずいのかどうかも わかりません (笑)

05


まぁ こんな感じで 使えるようにはなった様子です。
実際には いろいろ確認しないといけないかもしれませんが まぁこのくらいで
検証は 終わっておくことになりますね、、
すべては 自己責任で お願いします。